クオリティ

  • 機能的な収納
  • 洗練の水廻り
  • 先進のセキュリティ
  • 堅牢な構造

Structure

確かな技術に裏付けられた、
安心と信頼の構造。

  • 地盤調査
    地盤調査
    標準貫入試験など入念なボーリング調査を行い、建物を支える地盤特性を把握しています。
  • 建物の基礎・杭基礎
    建物の基礎・杭基礎
    建物を支える基礎杭は、杭先端深さ約15.0m〜15.8mの既製コンクリート杭を安定した堅固な支持層までしっかりと打ち込みました。
    ※付属施設、外構等を除く。
  • 溶接閉鎖形帯筋
    溶接閉鎖形帯筋
    柱の帯筋には、鉄筋を予め溶接してつなぎ合わせることで、地震の横揺れに対し粘り強い柱を実現し、高い耐震性を発揮する溶接閉鎖形帯筋を採用しました。
    ※柱基礎梁接合部を除く。
  • ダブル配筋
    ダブル配筋
    外壁と床はコンクリートの中に鉄筋を二重に配し、シングル配筋に比べ耐久性・耐震性に優れ、ヒビ割れも起きにくい構造としました。
    ※一部除く。
  • コンクリート強度
    コンクリート強度
    設計基準強度約30N/m㎡の強度の高いコンクリートを採用し、建物の耐久性を高めています。
    ※付属施設、外構等を除く。
  • 素敵ネット
    外壁・戸境壁厚
    外部に面した壁厚は鉄筋コンクリート造約150mm、ALC約100mmを確保。断熱材を使用し冬場の結露を抑制します。また戸境壁厚は約180mm以上(一部除く)を確保し遮音性に配慮しました。
    遮音性に配慮した床構造
    床には、遮音性に優れた軽量床衝撃音遮音等級ΔLL(I)-4フローリングを採用。コンクリート床の厚さを約200㎜(最下階を除く)とすることで、生活音が伝わりにくい設計。
  • アウトフレーム工法
    アウトフレーム工法
    柱の梁型を住戸の外に出したアウトフレーム工法を採用。室内に柱の張り出しがないため、開放的でスッキリとした住空間を実現します。家具などもレイアウトしやすく、スペースの有効活用が可能です。
    ※バルコニー側のみ。一部タイプを除く。
  • 対震ドア
    対震ドア
    地震による変形で玄関扉の開閉が不可能になることを防ぐため、扉と枠の間にクリアランスを確保。万一の際にも玄関からの避難がスムーズになるよう設計しました。
  • 第三者評価機関による住宅性能評価
    第三者評価機関による
    住宅性能評価
    国土交通大臣指定の住宅性能評価機関が法律に基づき住宅の性能を評価する「設計住宅性能評価書」に加えて、竣工してから評価を受ける「建設住宅性能評価書」を取得予定です。

v

住み続けるための安心を保つ、
アフターサービス。

長谷工プレミアムアフターサービス

長谷工プレミアムアフターサービス

  • 防災倉庫
    防災倉庫
    1階には万一の災害時に備えた防災倉庫を設置しています。保存食、飲料水、救急用品などを備蓄可能です。
  • 非常用飲料水生成システム「WELL UP ミニ」
    非常用飲料水生成システム
    「WELL UP ミニ」
    地震時の万一の災害時敷地内の水槽から取水し、スピーディーにろ過して飲料水に。
  • マンホールトイレ
    マンホールトイレ
    敷地内のマンホールのフタを外して、マンホール枠に簡易トイレを設置するだけ。鍵付きテントでプライバシーにも配慮しています。
  • 機能的な収納
  • 洗練の水廻り
  • 先進のセキュリティ
  • 堅牢な構造